「目的」と「夢」と「目標」の違いを考察してみた。

私の最近の研究テーマは「目標設定」。


 

「結果が出る人と出ない人・継続できる人とできない人が分かれるのは何でだろう?」

という疑問が、そもそもの出発点でした。

 

例えば、独立を目指して副業を始めても、達成できる人と挫折する人がいますよね。

 

・副業のチョイスや目標利益額の設定が的を得ていないのか。

・教え方が悪いのかな。内容や伝え方を変えれば結果も変わるんじゃないか。

・それとも、時間を上手に使って計画的に動ける術を身につける必要があるのかな。

・…いや、そもそも本当は「独立したい」って心の中では思ってないんじゃないか?

 

そんなことをぐるぐると考えるうちに、もっと本質的なところが気になってきたんです。

 

・「目標」って誰もが掲げなくてはいけないものなのか?

・目標達成には、逆算で考えて計画的に動くことは必須なのか?

・根本的に、「目標」ってどういう意味なんだろ?人によって定義が違うんじゃないか?

 

 

私自身も、掲げた目標の達成率は100%ではなくて

三日坊主で終わったことも、挫折して諦めてしまったこともありますが、

ゴールが定まらないと不安になるタイプなので、目標を設定するとやる気が出ますし、

その目標を達成する方法は、スケジュールを決めて計画的にコツコツ取り組むこと以外知りません。

 

だから、「目標は持ちたくない」「計画的にコツコツやることが苦手」「勢いとノリでやってきた」といった

自分とは真逆のタイプの人たちが想像以上に多いことを知って本当に衝撃的で…

自分と違う志向の人たちのことを知りたくなりました。

 

タイプが違う人に、自分の目標達成型のコツコツ逆算思考をふりかざすのは

なんか違うなーとも思って。

 

そんな問題意識が根底にあって、色々と調べています。

 


 

 

「目標設定」や「目標達成」に関する本を10冊くらい読んで、自分の過去の経験を思い返して、

逆算型の私とは真逆の旦那さんの考え方を聞いたりもして、

あれこれ考えている毎日なのですが、

今日やっと、「目的」と「夢」と「目標」の違いを自分なりに解釈できました!!

 

 

 

「目的」とは、「こうなりたい」「こう在りたい」という強いイメージ

 


 

言い換えると、「自分の人生のテーマ」でしょうか。

「どんな人生を送りたいか」という抽象度の高い概念です。

 

「理想の自分が写真に写っています。どんな写真ですか?」

・あなたはどんな表情をしていますか?

・喜怒哀楽どの感情ですか?

・他に誰か写っていますか?

・どこにいますか?

 

この答えこそが「目的」だと、私は考えています。

 

そして、「目的」には「信念」が込もっています。

 

信念とは「正しいと信じる心」。

常識や流行に合わせるのではなく、心の底から自分が望む姿です。

 

例)私の「目的」

緑や海に囲まれた自然の中で、夫婦ふたりで穏やかに笑っている。

肩書きや実績や周りの声に流されない。自分たちの幸せを追求している。

競争からかけ離れた前向きで素敵な人たちと、お酒を酌み交わしている。

アポイントややるべきことに追われない。時間に余白がある。

 

 

 

「夢」とは、スケールの大きさ・本気度・現実感に依らず、頭に思い浮かぶ複数の願望

 


・やってみたいこと

・欲しいもの

・行きたいところ

・理想の働き方

などなど、興味のあるものや欲しいものの総称が「夢」です。

 

「新しくオープンした話題のケーキ屋さんに行ってみたい」という身近なものから、

「ハワイに住みたい」というスケールの大きいものまで、全部。

 

一般的に、「夢」という言葉の響きに「将来はプロ野球選手になりたいです!」みたいな

壮大で的を絞った”ただひとつの尊いもの”というイメージを抱くかもしれませんが、

私の中では、その意味が書き換わりました。

 

「夢」とは、「願望」という言葉に近いイメージで、複数存在するもの。

実現不可能な妄想レベルのものも、すぐにでも実現できる身近な興味も、ひっくるめたものだと捉えています。

 

例)私の「夢」の一部

・福岡に移住したい

・おいしいビールが飲みたい

・パリに行ってみたい

・嵐に会いたい

・夫婦でWebメディアの取材を受けたい

 

特徴は、本当に心の底から願っていることもあれば、

興味本位なだけで、実際は別に重要ではないこともあって、混沌としてること。

 

私だったら、よく「アナザースカイ」でパリが取り上げられているのを観て、行ってみたいと憧れつつも、

「遠いし、ご飯はそんなに美味しくなさそうだし、やっぱりハワイでのんびり過ごした方がいいなー」とか思ってるわけです(笑)

 

 

 

「目標」とは、「目的」を現実化するための主体的なアプローチ方法


 

自分が思い描く人生のテーマである「目的」を実現する手段が、「目標」です。

具体的で期限付きだと、なお良し。

 

「目標」には2種類の性質があります。

ひとつは、先に挙げた「夢」リストの中に紛れている場合。

これまでの経験や知識・あるいは直感で手段が導き出されている、ということです。

 

もうひとつは、「夢」リストに含まれていない場合。

誰かからの助言やキャッチした情報から、新たに浮上した選択肢です。

 


 

 

私の例で説明すると、

「夢」リストの中に紛れている「目標」は、「福岡に移住したい」ですね。

ソフトバンクファン+海や空を見ながらのんびり過ごしたい→福岡って最高じゃん!!

という結論に至り、2018年内の移住を目指して、今実際に動いています。

 

 

「目標」の大きな特徴は、必ずしも”ひとつ”ではないということ。

あくまでアプローチ方法なので、たくさんあっていいんです。

(スパンやスケールによっても目標の立て方は違いますし。)

そして、一度はこれと決めてやってみて違うなと思ったら、別のアプローチに変えてもいい。

 

 

「海や空を見ながらのんびり過ごしたい」を叶えたかったら、

思い切ってクルージングで世界一周を目指すのもいいかもしれないし、

夏にキャンプやバーベキューに出かけてまずは疑似体験してみるのもありですよね。

 

 

あまりに選択肢が多くても何をやっていいか迷ってしまうかもしれませんが、

でもやっぱり手札をたくさん持って眺めた中で、自ら決めた方がいいと思います。

 

例)私の「目標」の一例

年内に福岡移住を叶えるために…

・7月は福岡の不動産屋さんで物件探し

・引越し費用を計算

・福岡移住者の方のSNSを見る

・インテリア雑誌を見て部屋のイメージを膨らませる

 

 

 

「目的」を実現するヒントが「夢」であり、「目的」を実現する手段のひとつが「目標」である。


もしかしたら定義は変わるかもしれないけれど、これが暫定的な私の解釈です。

 

 

 

「目的」を持つことは誰にとってもすごく大事だけれど、

「目標」は必須ではないんじゃないか、というのがここ数日の見解。

流れに身を任せる派もいますもんねー。

 

 

 



 

 

「目的」「夢」「目標」の言語化のステップや目標設定の必然性については、

今考えているところ。また考えがまとまったらシェアします!

 

 

お知らせ

【1名から参加可!】「さりげなく稼ぐ私」になる♡物販ビジネス体験ワークショップ

動画「物販ビジネスの概要と継続収入を叶える法則」(約60分)をプレゼント!

「働くって楽しい!」
「稼ぐっておもしろい!」
「今日も1日があっという間だったな♡」

在宅でもできる物販ビジネスで、
そんな毎日を一緒に叶えていきませんか?


詳細・お申し込みはこちら

 

夫婦共同ブログ『夫婦起業〜仕事も家事もコラボする生き方』更新中!

サイトはこちら

 

 

初の著書『OLやめてみませんか?』発売中!

【30代からの働き方に悩む全ての女性へ】

満員電車のストレス、やりがいのない仕事、頑張っても上がらないお給料、面倒な人間関係……限られた収入と週末のために、平日を我慢していませんか?やる気なし・目標なし・自信なしの元事務職OLが、働き方を模索し辿り着いた「起業のリアル」をお伝えします。

ご購入はこちら