就寝前に翌日のTO DOリストを書かない方がいい、という説。

時間の使い方をカスタマイズするのにハマっている今日この頃。

そのツールのひとつとして、手帳やノートを使っています。

内向型・目標達成型の人におすすめのノート術



 

最近は朝10時までに起きることが目標で、

起きたらメールやチャットのチェックをして、

夫婦で朝会という名のミーティングを終えて、

ルーティンの事務作業をやってお昼ごはん…というのが定番だったのですが、

その流れを今日からリニューアル!

 

午前中は集中力が高まるとメンタリストのDaiGoさんが言ってたのを思い出して、

頭を使うことや重要なことをやる時間に充てることにしました。

 

具体的には、こんな感じ。

 


・9時台に起きられるように、25時には寝ることを目標に

・前日を振り返って、思ったことをつらつらと書く(ラフな日記)

・今日のタスクを書き出して、どんな1日にするか計画を立てる

・判断が必要なことがあったら、決断する

・読書や勉強をする

 

そして、ルーティン作業や細々とした事務作業なんかは、午後に片付けるように。

ざっくり言うと、今までの時間の使い方をくるっと逆にしてみました。

 

 

 

 

本当に自分に合っているのかどうかは、もう少し試してみてから判断しようと思ってるのですが、

体験1日目にして、目から鱗のことがあったんです!!

 

 

タスクを書き出して1日のスケジュールを考えるのは、当日の朝が吉!!!

 

 

私は今まで、だいたい前日の夜に、翌日の予定を考えていたんです。

そうすると、翌朝起きた瞬間から、時間を有効に使えると思っていたから。

 

でも、今日の朝に、今日の予定を書き出してみて、感じました。

事前準備に力を注いだことで、寝る直前まで頭の中を忙しくしてた!

 


1ヶ月前にFacebookでつぶやいてたことを思い出しました。

そう、区切りやメリハリも、自分次第なんですよね。

 

前日の夜に翌日のことをあれこれ考えるという前向きな行動が、

心を休める余白を奪っていたのかもしれません。

 

昨日、「私、今日も頑張った☆おつかれさま!」と

自分で自分を褒めて1日を締めくくったら、翌朝の寝起きも良かったです。

そのおかげで、午前中は生産性高く過ごすことができました。

 

 

「明日のことは明日また考えよう!」とどーんと構えて

「今日」と「明日」を意識的に分けてみたら、気持ちが軽くなりました。

 

 

ちょっとの工夫でこれだけ感じ方が違うんだなーと、嬉しい発見。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。