国内物販ビジネスで扱うべき商品ジャンル

Amazonでは多種多様な商品が売られています。

それだけに、自分が一体何を出品したらいいのか、疑問に思う方も多いと思います。

 

そこで今回は、まず扱うべきおすすめ商品ジャンルをご紹介します!

 

 

①DVD・Blu-ray


商品特性上、希少品が多いことがオススメポイントのひとつ。

特典や収録内容を変えて、「限定盤」と「通常盤」を出すアーティストや作品も多いですよね。

そこで、生産数が限定されている「限定盤」を狙うのが吉。

供給に対して需要が上回ると商品価値が高まるので、そこに利益が生まれます。

 

商品サイクルも早くどんどん新しい商品が出るので、色んな商品をチェックしましょう。

 

 

②ゲーム機や周辺機器


コラボ商品や限定モデルのゲームが出るときなどは、要チェックです。

DVDと考え方は同じで、「希少性」があるからです。

 

ただし、あまり頻繁に多くの種類は出ないですし、単価も高めなので、

ゲーム機だけを狙うのではなく、あくまで+@を狙えるカテゴリだと認識しておいてください。

 

家電


DVDやゲームと違って限定性はあまりないのですが、コンスタントに売れる定番カテゴリです。

お店で買って持って帰るのが大変なので、体積が大きい商品であればあるほど、

ネットで購入する人も多いです。

 

季節関係なく売れるものもあれば、季節商品もあります。

「夏はどんな家電を欲しがるか」…購入者目線で考えて商品選びするのも

おもしろいですよ!

 

値段や大きさも幅広いので、最初は小型で低〜中価格帯の商品に

チャレンジしてみることをおすすめします。

 

 

 

商品知識を事前に学んでおく必要はあるのか

よく相談されるのは、

「私、ゲームのこと全然知らないから分からないんですけど…」。

 

商品ジャンルに対する知識不足を心配する方が多くいらっしゃいます。

 

でも、大丈夫です!

むしろ、最初から熟知している状態で商品を仕入れ・販売している人の方が少ないと思いますw

物販ビジネスで不良在庫を抱えないための戦略



 

こちらの記事でも解説していますが、判断基準は過去の売れ行きのデータです。

事前の知識や主観的な目利きは要りません。

 

Amazonのページやモノレートを見ていくうちに、

「このキャラクターは人気なんだなー」

「このタイトル、前も見たことがあるなー」

と、勝手に後から少しずつ知識がつきますので、楽しみにしていてください!

 

私の主人は、物販を始めてからジャニーズのグループ名を次第に覚えていったし、

私は、リサーチをスタートさせてから初めて今の子たちに人気の戦隊シリーズの名前を知りました(笑)

 

 

 

幅広い商品を扱うことが、利益拡大とリスクヘッジ

食わず嫌いせずに、お客様が欲しがっている商品を幅広く扱うことを目標にしましょう。

場合によっては、そのメーカーやカテゴリの販売が急にできなくなるかもしれません。

(Amazonは規約がよく変わるので…)

 

ひとつのカテゴリに固執してしまうことはリスクなので、少しずつ扱う幅を増やしていきましょう!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。