神機能!国内物販ビジネスでは「FBAサービス」を使おう



 

国内物販ビジネスの作業の流れ



 

こちらの記事でも少し触れましたが、

Amazonでの販売においては超便利なサービスを利用することができます!!

 

FBAとは何か?

「フルフィルメント by Amazon」の略。すごく簡単に言うと、

Amazonが全国に保有する倉庫で、自分の商品を預かってくれるサービスです。

 

「Amazon=商品がすぐ届く」とイメージする方も多いと思いますが、

実はAmazonの倉庫で保管されている商品だからこそ、スピーディーに届けてくれるんです。

(ちなみに、Amazonの商品ページで青字で「prime」と表記があるものが、

FBAを利用している商品です。)

 

フローの違いを簡単に書くと、こんな感じ。

<通常>

仕入れ

→自宅保管

→商品が売れたら自分で梱包する

→自分でお客様宛に発送する

 

<FBA>

仕入れ

→自宅保管(一時的)

→数が溜まったらまとめてFBAに納品

→商品が売れたら、Amazonが梱包してくれる

→Amazonがお客様に発送してくれる

 

 

FBAを利用するメリット

すぐ届くという点で購入者にメリットのあるFBAというサービスですが、

販売者にとってもたくさんメリットがあります。

 

①自宅が商品で溢れ返らない

通常であれば、ネットで仕入れた商品も一度自分の家に商品を届けてもらうので、

仕入れが増えるほど、商品数が増え、家に荷物が多くなっていきます。

ずっと自宅に保管したままで、商品が売れない限りスペースが空かない、

というのは大変ですよね…。

 

FBAを利用する際も一時的に自宅での保管が必要ですが、ある程度の数を仕入れたら、

まとめてFBAに納品することができるので、スペース確保も心配要りません。

 

 

②自分で梱包・発送をする必要がない

フローで記載した通りなのですが、FBAを利用すると、商品の梱包・発送は

Amazonが代わりにやってくれます!

 

売れるたびに自分で商品を引っ張り出して、伝票を書いて、梱包・発送するのは

けっこう大変。特に、日中は仕事で家にいない方は、空いている時間に窓口に行って

宅急便を発送するのも一苦労ですよね。

 

しかも、Amazonには「発送期限日」が設けられていて、

その日までに商品を発送できないと販売者の評価が下がってしまうので、

絶対にその期日に間に合うように発送しなくてはいけません。

スケジュールを確認してその都度自分で対応するのはけっこう労力がかかります。

 

ですが、Amazonにお任せすれば、もちろんその期限を守って発送してくれるので、

スケジュールを気にする必要もなし!

 

手間がかかるけど絶対に必要な作業をAmazonがやってくれるのは本当に心強いです。

 

 


 

③顧客対応を代わりにしてくれる

稀ではありますが、配送状況や商品不備について問い合わせが入ることもあります。

ただし、FBAを利用している商品であれば、基本的にそれもAmazonが対応してくれます。

 

 

④販売力が上がり商品が売れやすくなる

ここが最大のメリット!!

実は、「FBA利用者の方が商品が売れやすい」というシステムになっているんです!

 

そのカラクリを説明するために、「カート」という概念を簡単に説明しますね。

 

前提として、楽天は同じ商品であっても販売者ごとに商品ページを作りますが、

Amazonは基本的に1商品につき1つのページしかありません。

誰かが最初に作った商品ページに、複数の販売者が相乗りしていきます。

 

例)「ボルヴィック 1200ml 12本」の検索結果

・楽天市場 → 価格も画像も違う商品が複数出てくる


・Amazon →商品ページはひとつだけ出てくる


 

では、カートの説明に入ります。

Amazonで商品を選ぶと、このように右に「カートに入れる」という黄色いボタンが出てきますよね。


「カートに入れる」ボタンを押すと商品購入手続きに進む方がほとんどなのですが、

実は、このカートボタンは、販売者のうち誰かひとりの購入ページにひも付けられているんです。

(他の販売者の情報や購入ボタンは、下の方にこっそりと書かれていますw)

 

つまり、売上を伸ばすには、自分がカートボタンに紐付けられることが大事!

 

そして、カートボタンに紐付けられる条件というのが、

価格の安さ・販売実績・評価の良さに加えて、「FBAを利用していること」だと言われています。

 

FBAを使わない手はないですよね!!

 

 


 

 

AmazonがFBA商品を優遇する理由

自分たちの倉庫で商品を管理しておけば、発送遅延などのトラブルも防ぐことができ、

お客様に質の高いサービスを安定的に提供することができます。

つまり、Amazonのサービスの質とブランド力をキープするためにFBAの利用を勧めている、というのがひとつ。

 

そして、販売者には販売力向上のメリットを与える代わりに手数料を徴収して、

Amazon自体の売上も上げているわけです。

 

 

FBA利用にかかる手数料

 

入会費や月額費はありませんが、配送代行手数料と在庫保管手数料がかかります。

詳しい解説はAmazonのこちらのページをご覧ください。

 

これを見てみると複雑で計算が大変そうですが、ご安心ください!

 

私も何がいくらで…と把握していませんが(笑)、問題なくコスト計算ができているのは、

「FBA料金シミュレーター」という計算サイトを使っているからです。

 

これはAmazonが提供している無料サイトで、商品情報・販売価格・仕入れコストを

入力すれば、諸手数料も自動的に計算してくれます。

 

 

FBAを制するものが、Amazonを制する!

FBAは、作業を代行してくれるだけでなく、

自分の商品の販売力も上げてくれる超便利なサービスです。

 

手数料は少しかかりますが、それ以上に売上が伸びて利益が出るので、

躊躇せず使い倒しましょう!!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。